TOP へ

  縁農受け入れ先リスト

  ブログ 縁農しました

遠野型ワーキングホリデー

ワーキングホリデーは、もともとは、就労
 ビザを持たない外国人が働きながら旅する
 ことができる制度で、おもにオーストラリ
  アやカナダなどで行われていました。
  その自由さと、観光客という「お客さん」
  とは違ったスタンスで地元の暮らしを体験
  するというのが日本のワーキングホリデー。
  そして、農作業や家事などを手伝い、家の人
  と寝食を共にし、交流をし、その家の人と
  家族や親戚のように過ごすのが「遠野流」
  です。受け入れ農家により、パターンには多
  少のバリエーションはありますが、基本的に
  作業に対する報酬や寝食の料金など、お金が
  介在しないのが特徴です。

 ワーキングホリデーで体験できる農作業も楽しいけれど、醍醐味はなんといっても「その土地の人々との『交流』や『共感』」が楽しめること。

 遠野にはゆっくりした時間の流れがあります。そんな感覚を味わいながら地元の人と交流する。また、労働は季節ごとに様々です。春は稲の種蒔き、夏はりんごの選定、秋は米の収穫、冬は炭焼きなどなど。その季節ごとの「農」を楽しみながらワーキングホリデーをしてみませんか?贅沢な時間是非遠野を楽しんでください。

 
  団子作り 楽しかったな〜〜 りんごはね、こういうところを見るんだよ

ワーキングホリデー受け入れ先は「りんご農家」「野菜農家」「米農家」「多角経営農家(馬・米・野菜・炭焼きなど)」です。世帯としては2世代か3世代の農家がほとんどです。どこの農家も遠野にある普通の農家さんですが、人と交流するのが好きな農家さんといえると思います。このような農家さんを取材した記事や、ワーキングホリデーの体験者の感想記などは本NPO発行のメルマガに詳細が掲載されています。是非ご覧下さい。

なお、受入は一年中可能です。ただ、連休などは込み合う可能性があります。その際はご了承ください。

<お問合せ先>
028-0592                          
岩手県遠野市東舘町8-12                      
遠野市役所遠野ツーリズム推進室内

電話:0198−62−2111(内137)
E-mail:tourism@tonotv.com                                               
http://www.tonotv.com/members/yamasatonet
                                             

 
水車小屋  夏